営業所Branch Office

Work 私たちの仕事

私たちの仕事

株式会社ADEKAの国内工場内にある当社営業所を拠点に、日常の保守管理や計画修繕を行っています。機械設備/電気・計装/土木の専門知識と様々な計測機器を使いこなし、プラントの安定操業に貢献していく責任ある仕事です。当社社員は日々の業務や資格取得を通して、保全技能や専門技術の向上に努めています。

そして、長期にわたる業務として各工場内の既存設備の大規模な改修工事や新規プラント建設工事にも携わり、計画立案から設計・調達・施工という一連のプロセスを担います。お客様や協力会社と連絡調整する場面が多く、高い調整能力とコミュニケーション能力が求められます。

また、株式会社ADEKAの製造現場では安全に対する意識を重要視しています。製品の【品質安全】/働く人の【労働安全】/地球と事業の【環境安全】/機器等の【設備安全】という【4つの安全】を基盤とし、マネジメントシステムや現場の改善活動などをお客様とともに当社も取り組んでいます。

Information ADEKA国内工場の紹介

⿅島⼯場

⿅島⼯場

⿅島⼯場は化学品と⾷品の二つ事業を担う株式会社ADEKAの主力工場です。化学品は化学薬品を原料として混合/反応/精製を⾏い、半導体や電⼦部品等の最先端分野向けの商品を製造しています。
⾷品は原料の油脂を精製・加⼯し、マーガリンやチョコレート⽤油脂等を製造しています。

千葉⼯場

千葉⼯場

千葉⼯場は化学品事業の主⼒⼯場です。
⾼速道路に使⽤するエポキシ樹脂や、化粧品の基材となるポリエーテル、医療品の配合剤やプラスチックの原料となるプロピレングリコール等の有機化学品の商品を製造しております。

三重⼯場

三重⼯場

三重⼯場ではプラスチックに配合して機能を向上させる樹脂添加剤等を製造しています。主な用途は電気・電⼦部品、建材、⾃動⾞⽤部品、電線等の多種多様なニーズに対応しています。

富⼠⼯場

富⼠⼯場

富⼠⼯場では紙や繊維の漂⽩に使⽤される過酸化⽔素、プリント基板のエッチングに使われる過硫酸塩、漂⽩剤や⾷器洗剤の素となる過炭酸ソーダ等を先進の⾃動管理体制により製造しています。

明⽯⼯場

明⽯⼯場

明石工場は食品専用工場でマーガリン・ショートニングを主体とした業務用加工油脂等を製造しています。品質管理においては食品安全マネジメントシステムの国際規格“FSSC22000”に基づいた活動等をしています。

相馬工場

相馬工場

相⾺⼯場では⾃動⾞の省燃費・CO2低排出化性能を持つエンジンオイル⽤潤滑油添加剤を製造しています。

Interview 社員インタビュー

所属:鹿島営業所

S.A.

職種:電気・計装系エンジニア
専攻:県立高校電気科
入社:2015年/新卒採用

S.N.

入社を決めた理由は?

就職活動の時に電気系職種の求人募集の中で当社の情報を見つけました。そこには「現場作業だけでなく、監督の仕事もできる」との記載があり、“自分の専門知識も活かせるし、監督という未知の仕事にチャレンジできるのではないか”と興味を持ちました。
会社見学をした時の職場の様子から、社員同士が素を出して話をしているように感じました。やはり新入社員にとって職場の雰囲気は重要です。分からないことがあっても周りから放置されると成長に結びつかないので、“常に先輩に質問ができるような環境が良いだろう”と感じ、入社を決意しました。

現在の業務内容は?

日々の業務は設備の保守管理です。主に設備の更新・改修工事の管理がメインとなります。担当領域は電気・計装で、制御盤の不具合に対応します。自分で対処できる範囲であれば速やかに直しますが、例えば流量計が壊れてしまって、新しい計器を購入する必要がある場合、メーカーや協力会社に問合せして、見積金額の確認や納期を管理します。
高校で学習した知識は基礎的な部分としては役に立ちますが、そのまま実際の現場で適用することはできません。最初は戸惑いましたが、先輩や上司の教えを受けながら、基本的な仕事の流れを習得しました。大事なことは経験です。入社2年目に入ると、1人で担当する業務が増えました。“自分がしっかりやらなければ先に進めない”と意識し、自分から「こうしましょう」と積極的に発信するようになると、習得する知識量が増え、考える力が身に付きました。

今後の目標を教えてください。

監督の仕事は、実際にやってみるととても大変ですね。現場の要望と業者からの勧めが真逆なこともあり、それを取りまとめることに苦労します。双方から譲れない点を聞いて、そのための妥協点・落としどころを探っていきます。妥協は必要ですが、同時に反省点もあります。現場と業者の間に立つ私たちだからこそ見つけられる最適なバランスがあると思うので、単なる妥協点ではなく、最適解を見つけられるようになりたいと思います。
そのためには、経験値を積むことが必要です。経験を積めば、新しい知識を得るチャンスも増えます。積極的に新しいチャレンジをしながら、経験を重ねていきたいですし、当社にはそのチャンスがたくさんあると思います。

S.N.

新入社員時代の一日の流れは?

始業の8時半からグループ別のミーティングがあり、9時頃から事務所で製造エリア・工程ごとの設備や工事について説明を受けます。午後からは現場に入って説明を受け、一つひとつの設備の用途や、どのような工程や設備につながっていくのかを細かく教わります。
このような新入社員の研修は、入社後約1カ月続きます。その後は各エリアに担当を振り分けられて、上司や先輩に業務を教わります。そして2~3年目から徐々に1人で仕事を任されるようになります。

所属:鹿島営業所

H.M.

職種:電気・計装系エンジニア
前職:電気・計装工事会社
入社:2016年/キャリア採用

H.M.

入社を決めた理由は?

前職は当社の協力会社に所属し、コンビナート構内における電設工事の現場監督をしていました。そのため、入社前から当社の魅力はある程度、理解していたつもりです。一般的には元請会社と協力会社という関係下では、トップダウンで無理を言われることもあります。ところが当社は協力会社の立場をしっかり理解し、フラットな関係で接してくれて、非常に仕事がやりやすい会社だと感じていました。
仕事内容は前職と大きく変わりませんが、当社の規模やコンビナート内での元請会社としての立場に惹かれ、私から会社に働きかけ転職を志願しました。

仕事で成長を感じたことは?

前職は施工会社で工事作業員を監督する立場で、携わる業務は電気工事という限定された領域です。現場経験を通じて特定分野の深掘りはできますが、知識の習得は重要視されておらずず、自分の中に蓄積されてはきませんでした。
しかし当社では、専門知識と論理的思考力が必要となります。それなりに勉強が必要ですが、新しい知識が増えることは単純に楽しいですし、何となくやっていた経験と論理が一致し、点と点が繋がるような感覚が面白いですね。

これから挑戦したいことは?

一般的な転職では、自分が持っていたスキルを携えて職場を移るだけなので、目指すことは前職とあまり変わらないと思います。しかし私はキャリア採用で、なおかつ協力会社の立場から移ってきたため、“ここで頑張りたい!さらにスキルアップしたい!”という意欲が湧いてきて、自分のやる気次第で知識を深めることもできます。そして自分の技術が高まっていけば、当社の中で存在価値も出していけます。私と同じような想いを持っている方にはとても良い会社だと思います。

H.M.

一日の流れや職場環境は?

始業開始は、まずメールをチェックします。お客様から「どこかが壊れた」「何かがおかしい」といった依頼のメールが寄せられるので、緊急性のある事案から順番に現場に向かう段取りをします。朝礼は所長が取仕切り、その日の予定などを共有します。現場の対応をしているだけでも1日が終わってしまいますが、その他にも伝票処理などの事務作業もあるため、集中作業できる時間を確保するようにしています。会議は、所内会議と自分が担当しているエリアの設備の会議が月1回開催されます。
日々の流れは現場対応や設備保全がメインです。保全の件数は、午前と午後に1件ずつくらいで、まず原因を究明し、簡単に直せるものは即座に対処します。完全に故障している場合は代替機の選定をします。代替機が無ければ設備ごと更新する場合もありますが、基本的には代替機が使えるように少し改造したり、配線を変えたりして対処します。